良い?悪い?ホームページでセンスのあるBGMは必要?

ホームページ上で音楽を流すメリット

あまり知られていませんが、ホームページにアクセスがあったとき、自動的に音楽を鳴らすことができます。これは、最近になってできるようになったというわけではなく、インターネットが一般人の間で普及し始めた頃には既に可能でした。では、ホームページを作成するにあたり、BGMも一緒に作ってそれを流すことも考えるべきなのでしょうか。
まず、ホームページ上で動画ではなくあえて音楽を流す意味としては、ページの雰囲気やテーマをより伝えられるということが挙げられます。怖い話を伝えるページでホラー映画のBGMを流せば、より怖さが伝わるでしょう。動画を流そうとすると、ファイルサイズが大きくなって閲覧者に負担をかけてしまいますが、音楽だけであればそれほど負担にはなりません。

技術的に可能だけど実行している人が少ないのは

では、ホームページ上で音楽を流すことのデメリットはどのようなものが挙げられるでしょうか。これは、閲覧者が必ずしもBGMを望んでいないということに尽きます。閲覧者は既にパソコンやスマホでなんらかの音楽を聴きながらページにアクセスしているかもしれませんし、音楽を聴きながら文字を読むのは気が散るということもあるでしょう。そういう人にとって、BGMを強制的に聞かされるというのは苦痛になってしまうわけです。
実際、多くのホームページではBGMを流すということをしていません。技術的に可能なのに、それをほとんどのホームページ運営者がしていないというのは、基本的にはホームページにBGMは不要であるということの証明といえるのではないでしょうか。

HP制作を外注する場合は、一括見積もりサイトに依頼すると要望や予算に合った企業を短時間で見つけることができます。