絵が描けなくても大丈夫?ホームページのアイコンを簡単に可愛く作る方法!

アプリで画像にスタンプなどを組み合わせてみる

ホームページを作る際にアイコンは挨拶代わりになります。閲覧する人の中には記事の内容よりも、まずホームページを管理している人の方に興味をもつ場合もあるからです。
それくらい大切なアイコンですが、絵を描くのが苦手な人にとってはなかなか思い通りのものを作成することができないと悩むかもしれません。そういった場合はスマートフォンで撮る写真を利用したり、ネット上に転がっているフリー素材を使って代用することが可能です。第一の目的は、ホームページに来てくれた人にあなたのイメージを伝えることができれば良いので、それほどクオリティにこだわる必要はありません。絵の苦手な人であってもスマートフォンのアプリなどを使ってスタンプをダウンロードし、それらを組み合わせれば、十分オリジナリティのあるアイコンを作成することができます。

誰かに依頼するか自分でつくる

絵が苦手であってもできるだけ本格的なアイコンにしたいと思う場合は、イラストレーターに依頼をするという方法もあります。クラウドサービスなどを利用すれば低価格で、簡単なオリジナルアイコンを作成している人たちに出会えます。もちろん費用をかければかけるほど、プロに近いアイコンを作成してくれることでしょう。
費用をかけず、既存のものではないアイコンを作りたいと思う場合はフリーソフトを使って自分で作るという方法もあります。絵が苦手であっても問題ありません。アイコンにしたい図柄をまずは写真に撮ります。それをアップロードし、その縁を上から線でなぞっていけば良いわけです。あとは元の画像を削除し、ペイントで色合いなどを自分の好きなようにつけていけば、オリジナルのアイコンが完成します。

ホームページ作成を初心者がするなら、WYSIWYG型と呼ばれる、プレビュー画面と比較しながら作業を進められるHTMLエディタが最適です。